通信料は?端末料金は?格安スマホはどれだけ得?

解約料が高くても格安スマホに乗り換えた方がいい理由

smph1

格安スマホはいらない機能も余計な縛りも強制されません

最近のトレンドは格安スマホ。大手キャリアから乗り換えることで月々の使用料を半額程度に抑えることができます。格安スマホとは、文字通り値段の安いスマホ。端末についてはもちろん、その会社が提供するSIMカード(格安SIM)のことを言う時もあります。料金プランについての話題であれば間違いなく格安SIMが論点となるでしょう。格安SIMを提供しているのはMVNOと呼ばれる事業者です。

MVNOは、今ある回線を借りて商品提供をしている事から、設備投資のコストを浮かせることができます。さらに、実店舗もほとんど設けていません。あるとしたらヨドバシカメラのような大きな電機屋さん位です。このような理由で月々の使用料金が安くなるばかりか、キャリア携帯最大の懸念事項である2年しばりも外すことができます。つまり格安SIMを解約したいときは解約料を気にせず行えるわけです。もちろん、使いもしないのにプリインストールされているアプリもありません。容量の節約もできるでしょう。

使用料も端末料金も半額程度まで抑えられる

大手キャリアのプランと格安SIMを比較した時1番に目立つのが使用量の差です。たしかに大手ほどの割引はありませんが、基本料金は一気に半額以下まで下がるでしょう。

格安SIMにはデータSIMと音声通話SIMがあります。これらの違いは携帯電話の番号が使えるかどうかにあり、音声通話SIMの方が1000円ほど料金が高めに設定されています。もし、データが7GBの音声通話SIMであれば値段は3000〜4000円台です。ほとんどは3000円台に収まるので、大手キャリアのプランが7000円〜10000円程度であることを考えるとやはり半額程度と言えます。

さらに、格安スマホはデータの容量を下げると値段もどんどん下がります。大手キャリアの場合はいろいろな制約がついて思ったほど安くなりませんが、こちらはデータの容量を下げれば月1000円未満に抑えることも可能です。ただし、音声通話SIMの場合はつき2000円程度が最安で、無料通話分に応じて思ったほど安くならない場合もあります。

端末料金は大手キャリアの場合4万円から9万円程度ですが、格安スマホであれば1万円から4万円程度に抑えられます。こちらも半額程度に値段を下げられるようです。その分機能や耐久性が落ちていることは考えられますが、アプリや動画をたくさんダウンロードしない限りは大丈夫。バッテリーの劣化がこわいなら電池パックの交換できるスマホを選べばいいでしょう。

格安スマホ、気になるデメリットは大丈夫?

smph1

通信速度は回線容量で決まる

格安スマホは大手キャリアより通信速度が安定しない。それはある意味合っています。

まず、格安スマホと大手キャリアの使っている回線は同じなので、格安スマホの回線が劣っているわけではありません。しかし、大手キャリアの回線を複数の事業者で狩れいているため、回線料が充実している会社とそうでない会社があります。後者の場合は、混雑するまでのラインが低く、すぐに通信速度が遅くなってしまいます。

格安SIMの通信速度についてはネット上でも確認できるし、口コミやレビューも見ることができます。安い値段や通信容量につられて使い物にならない格安SIMを買わないように注意してくださいね。

通話音質は大丈夫?

もう一つ気になるのが通話音質について。こちらは大手キャリアとの有意な差が見られないようなので。通話をする場合には安心です。ただしIP電話やLINEを使う場合はネット回線の混雑に左右される点は忘れないようにしましょう。

こちらのコラムも人気です!