通話が多いと、逆に携帯代が高くなる?

格安SIMの音声通話料金は高め

smph1

スマートフォンが普及し、データ通信の量が増加した事で、大手携帯電話キャリアの利用料金は、高額化の傾向にあります。

一方で、大手キャリアの回線網を借りた、MVNO事業者による格安プランが登場し、これらのサービスは「格安スマホ」「格安SIM」と呼ばれ、携帯電話料金の節約になる事から、注目を浴びています。

大手キャリアでは、通話とデータ通信合わせると、8,000円以上かかる事も珍しくありません。

格安スマホならば、音声通話可能な契約プランでも、月2,000円以下で契約出来る為、上手に利用すれば月々の携帯電話料金を、大きく節約する事が出来ます。

しかし、大手キャリアとMVNOの料金プランを比較すると、格安スマホで利用出来るプランは、基本料金やデータ通信の料金が抑えられている分、音声通話の料金は30秒20円など、高めに設定されている傾向があります。

例えば、1日あたり平均10分通話(発信)する場合、1ヶ月で300分となり、音声通話料だけで12,000円と、かなり高額になってしまいます。

その為、音声通話が多い場合には、格安スマホを利用せず、大手キャリアの音声通話定額プランを利用した方が、結果的に安くなる場合もあります

それでは、音声通話が多い利用者は、格安スマホで節約する事は出来ないのでしょうか?

実は、音声通話を多く利用する場合でも、使い方を工夫する事で、通話料を抑える事が出来ます

IP電話を使えば、格安SIMでも通話料金を低く抑えられる

smph1

家族や友達同士なら、SNSアプリの通話機能が便利

音声通話の手段は、音声通話回線だけではありません。

メールをしたりインターネットを閲覧したりする為の、データ通信回線で音声データを送受信する事で、データ通信の枠の中で音声通話をする事が可能です。

例えば、家族や友人同士で既に同じSNSアプリを利用している場合、そのアプリの音声通話機能を利用するのが良いでしょう。

新たなサービスに登録したり、追加でアプリをインストールしたりする事なく利用出来、料金も無料なので、お手軽に通話料を節約出来ます。

また、一部のSNSアプリには、アプリに登録済のユーザ同士の通話だけでなく、通常の電話番号に対しても、発信出来るものもあります。

電話番号への発信は無料ではありませんが、格安SIMの音声通話回線と比べれば、安い料金で利用出来ます。

しかし、SNSアプリから電話番号に発信する場合、機種やサービスの組合せによっては、発信者番号が非通知になってしまう事があります。

その為、特にビジネスで利用する場合には、注意が必要です。

ビジネス利用の場合、番号付与のIP電話サービスがオススメ

発信者番号を相手に通知して、IP電話を利用したい場合、電話番号が付与される、IP電話サービスを契約すると良いでしょう。

IP電話サービスを利用すれば、MVNOと契約している回線の電話番号とは別に、050から始まる電話番号を利用出来ます

この番号は、通常の携帯電話と同じように、発信する事も受信する事も出来る為、対外的な電話番号としても利用出来、仕事用としても安心して使う事が可能です。

これらのサービスも、SNSアプリの番号発信機能と同様、安価な通話料金で利用出来る為、音声通話回線をそのまま利用する場合に比べて、通話料を節約する事が出来ます

IP電話サービスの基本料が、別途かかってしまいますが、仕事とプライベートで電話番号を使い分けられるという、メリットを得る事が出来ます。

IP電話ではデータ通信量に注意

IP電話では、音声通話回線ではなく、データ通信回線を使用して、音声データをやりとりする為、通信速度が低い状況では、通話品質が悪くなる事があります。

高速通信が可能な、LTE回線やWi-Fi環境下では、音声通話回線利用時と遜色のない品質で通話出来ますが、月間のデータ通信量を超過して、速度制限を受けている等の状況では、通話が不安定になってしまいます。

外出先で音声通話を頻繁に利用する場合は、月ごとのデータ通信量に余裕のあるプランを、契約すると良いでしょう。

こちらのコラムも人気です!