格安SIM、格安スマホの賢い選び方とは!?

格安SIM、格安スマホってなに?

smph1

最近よく耳にする、格安simカード格安スマホ。

スマートフォンの代金を大幅に抑えられて、すごくお得だと世間では言われていますが、実際のところどうなんでしょう?

そもそもsimカードって、いったい何なんでしょう?

「Sim」とは「Subscriber Identity Module Card」の略で、携帯電話番号が登録されているICカードの事です。

Wi-Fi接続であれば、このsimカードが無くても通信は出来ますが、3GやLTEなどの通信キャリアの回線には接続出来ないです。

少し古い機種だと、simカードはバッテリーを外したところにあり、最近の機種ではスマートフォンの側面に、設置してある機種もあります。

ここで気を付けたいこと事は、simカードは機種によって大きさが異なる事があることです。

スマートフォンが日本で出回り始めたころは、標準サイズのsimカードが主流でしたが、そこからmicro simへ小さくなり、最近ではnano simへと、さらに小さいものも出てきています。

今使っている自分のスマートフォンのsimカードが、どの種類のものなのか調べてみるといいでしょう。

格安SIM 格安スマホの利点は?

smph1

実際ドコモやauやソフトバンク等の、大手キャリアのスマートフォンを使っている人が多くいると思いますが、通信費がかなり高くて、家計の悩みの種のひとつですよね。

格安SIM・格安スマホの特徴は、何といっても安い事です。

大手キャリアだと、ひと月に7000円~8000円かかっていた通信費用が、なんと2000円ほどに抑える事が出来るんです。

ひと月で6000円、年間7万円節約になります。

4人家族であれば、年間28万円お得になります。

また、契約に縛られないという事も、特徴の一つです。

大手キャリアの場合だと、2年ごとに契約が更新され、契約期間内に他社へ機種変すると、違約金として1万円払わなければなりません。

また大手キャリアでは、最新のスマートフォンが実質タダで使う事が出来る上に、最初の2年間は月額5000円ほどです。

しかし2年を経過すると、月額料金が7000円から8000円ぐらいになってしまいます。

しかし格安simであれば、何年使っても料金は月額2000円ほどです。

格安simを使う場合には、スマートフォンを自分で買わなければならず、1万円から8万円までかかってしまいますが、長期間使用する事が出来るので、大手キャリアと比べて断然安く済みます

通信料金が安くなるのは嬉しいですが、少し不安ですよね。

ここでは、安さの理由を答えたいと思います。

格安simや格安スマホを提供している業者は、MVNO<Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)>と呼ばれています。

MVNOは、自前の通信網を持っておらず、自前の通信網を持っている大手キャリアの通信網を借りて、事業を展開しています。

その為、通信エリアや通信速度など、制限がかけられるデメリットもある事は、注意する必要があります。

ではどんな人が、格安sim格安スマホに向いているのでしょうか?

社会人で、取引先に電話を頻繁にかけたり、キャリアメールが必要な人は、あまり向いていません。

格安simでは通話料金が高く、またキャリアメールは使えなくなってしまうからです。

子供や学生、また主婦や高齢者、個人用としてスマートフォンを必要とする場合には、格安simの方が断然向いています。

スマートフォンをどうやって利用するかによって、どの会社の格安SIMカードを使うかも、変わってきます。

自分の使用方法にあった会社や、プランを比較して見つける事が大切です。

会社を選ぶ上でポイントとなるのは、その会社のプランを利用している人達の属性です。

さっきも述べたように、接続が集中すると通信速度などが、制限されてしまう場合があります

例えば、30代ぐらいの会社に勤めている人達が多く契約しているプランでは、お昼頃になると通信速度がガクッと落ちてしまう事もあります。

自分が使う時間帯、これも重要なポイントです。

格安sim格安スマホには、メリットもデメリットもありますが、上手く自分にあった会社やプランを見つけられれば、格安で快適なネット環境が得られるはずです。

こちらのコラムも人気です!