SIMロックとSIMフリーの違いは?ロック解除も可能に!

SIMカードって何?

c2fa7be52611fe59390f41980515e508_s

スマホに差し込みするSIMカードには、契約者のID番号や電話番号、メールアドレスなどの情報が登録されています。

通信事業者は、このスマホはどの契約者なのか特定する事が可能、料金の請求が出来るようになります。

SIMカードには、3種類のサイズがある

SIMカードには標準SIM、microSIM、nanoSIMと、主に3種類あります。

標準SIMは15mm×25mm、この中では一番サイズが大きいです。最新のスマホでは見かけなくなりました。

microSIMは12mm×15mm、標準SIMよりサイズが小さく、一番普及しているSIMカードです。

nanoSIMは8.8mm×12.3mm、この中では一番サイズの小さなSIMカードとなっています。iPhoneで見かける事が多いです。

格安SIMの普及

最近ではMVNO事業者が提供する、格安SIMの普及が進んでいます。

大手キャリアの料金と比較すると、MVNO事業者の方が安い為に、格安SIMと呼ぶようになりました。

MVNO事業者は、大手キャリアから回線を借りている為、通話の品質面ではほとんど問題無いです。

通信速度の面では、大手キャリアと比較するとMVNO事業者の島が遅い傾向があります。

SIMロックとSIMフリーの違い

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s

SIMロックって何?

今までは大手キャリアで、スマホと通信回線とセットで加入していました。

この時のスマホのSIMカードには、その大手キャリアしか使えないように、ロックがかかっています。

これをSIMロックと呼んでおり、ロックがかかったままだと、自由に乗り換えする事が出来ません。

SIMロックは解除ができる

大手キャリアには3社あり、SIMロック解除が全ての大手キャリアで揃わないと、乗り換えする事は出来ないです。

そこで2015年5月、SIMロック解除の義務化が始まりました。この義務化により、SIMロック解除すれば大手キャリア間で、乗り換えする事が可能です。

お互い競争する事で料金が下がり、消費者側が利用しやすくなる、通信速度の速さや安定性などの比較が容易になり、選択肢の幅が広がるなど色々なメリットがあります。

SIMロック解除の手続きは、大手キャリアによって異なります

大手キャリアのWEBサイト、またはショップで申し込みが出来ます。3000円の解除手数料が発生する為、事前に準備しておいて下さい。

SIMフリースマホを購入する

SIMロックのかかっていない、SIMフリーの格安スマホを購入し、MVNO事業者の料金プランに加入するという方法も可能です。

外で長時間使用する方は、バッテリー容量の多い機種、写真撮影に使用する方は高画質で撮影出来る機種、GPSとして使用する方は精度の高い機種など、用途に合わせて選べます。

中にはSIMフリースマホメーカーでもあり、MVNOでもあるという事業者も存在しています。

MVNO事業者から格安スマホを購入してもメーカーから直接購入した形と同じです。

中古スマホを購入する

新品のスマホでは、価格が高くて手が出ないという時は、中古スマホを購入するという選択肢もあります。

いわゆる白ロムとも呼ばれており、SIMカードは差し込まれていないです。

中古だから価格が安い、機種変更が容易、販売終了した機種でも購入出来る事があるなど、色々なメリットがあります。

その代わり、中古だけに商品状態が気になります。

特に通販で中古スマホを購入する場合は、実物のチェックが難しいです。中古携帯電話を扱う業者では、商品状態をアルファベットで表記している場合があります。

商品画像も掲載しており、傷が付いているものは、分かりやすいです。多少の傷なら気にしない為、なるべく格安スマホの方が良いという方に向いています。

こちらのコラムも人気です!