セット販売の、メリットデメリット!格安スマホ選びの基本とは

格安SIMと格安スマホの、セット販売のメリットは

bbad00a29124091a034e90b677c9d86b_s

格安SIMと格安スマホは、セット販売しているMVNOと、別々に販売しているMVNOがあります。

中には特定のMVNOで、市販売されていないスマホや、セット購入が標準になっている事もある為、どこから買えばいいのか、迷う原因にもなりがちです。

MVNOで販売しているスマホは、基本的にSIMフリー端末で、SIMカードさえ入れ替えれば、どのMVNOの格安SIMを入れても、動くようになっています

ただし、規格には注意が必要で、SIMカードに複数のサイズがある事を、理解する必要があります。

これは、大手通信会社の設備を借りて、MVNOが運営されているからで、機器をそれぞれの通信会社の規格に、合わせる必要があるからです。

その為、規格が合わないSIMを購入した場合は、アダプターを付ける事や、パンチャーと呼ばれる機械で小さくするなど、工夫をする必要が出てきます。

パンチャーは、SIMカードを傷つける可能性や、壊す可能性がある為、自己責任で対応する必要があります。

セット販売のメリットは、格安SIMと本体の規格が一致する事です。

また、初期設定の手順なども、しっかり整っている事が多く、サポートが受けやすくなっています。

トラブルがあった際の連絡先も一緒の為、混乱が生じにくいのも魅力です。

また、格安SIMのオプション契約に、スマホ本体の保証を付けられる事も、珍しくないのが特徴です。

特に高級機を購入した場合は、見逃せないポイントです。

格安スマホの中でも、独自機能を追求した、高級機が存在するのです。

MVNOによっては、セット購入のキャンペーンを行っており、条件を満たせば割引価格で買える事があります。

格安SIMと格安スマホを、別々に購入した場合は、保険の適用外になってしまうだけでなく、メーカー保証のみで、落下や水没による修理が、自己責任になる確率が高まる為、注意が必要です。

格安SIMと格安スマホを、別々に買うメリットは

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

格安SIMと格安スマホを、別々に購入するメリットは、価格比較サイト等を使い、より安い端末を探しやすくなる点です。

特に、エントリークラスの格安スマホの場合は、どのMVNOで購入しても、定価になる事が多くなります。

価格比較サイトを利用した上で、大手通販会社や家電量販店から購入した方が、安くなる事があるのです。

通信速度は格安SIMの契約で決まる為、本体の影響を受けないのが基本です。

一部のMVNOは、セット販売しか行っていない為、契約出来ないプランも出てきますが、それほど制限が大きくない為、契約の自由も大きくなります。

今使っているスマホがある場合は、そのままSIMカードを入れ替えて、使える場合もあります。

うまく起動しない場合は、SIMロックがかかっていないか、以前契約していた会社に確認してみるのも、おすすめです。

また、スマホを別に購入する場合は、中古端末や生産が終わってしまった機種を買える、という魅力もあります。

家電量販店などから購入した場合は、追加料金で独自の保証を付けられる場合もあります。

デメリットは、中古端末は保証がつかず、トラブルも起きがちな事です。

購入する為の事前知識も必要になる為、あまり古い端末を購入してしまうと、SIMカード自体を認識しないといった、トラブルが出てくる可能性があります

自己都合による、返品や返金がきかない事が多いので、特に注意が必要です。

分割回数の選択肢が、少なくなる場合もあります。

セット購入の場合は、スマホを24分割払いで支払うなど、選択肢が多い事が一般的です。

しかし通販の場合は、一括払いしか選べないショップも出てきます。

費用とリスクのバランスを考えて利用する事が、ポイントです。

こちらのコラムも人気です!