料金、通信、使い方etc。格安スマホの基本教えます

そもそも格安スマホって何?

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s

簡潔に説明してしまうと、「大手の携帯会社のスマホ料金と比較して、かなり安価で利用出来てしまうスマートフォン」の事です。

利用者の好みに合わせて、通話料金プランやデータ通信量を、選ぶ事が出来ます。

しかし、この説明だけではまだ不十分ですので、もう少し深い概要に触れていく事にしましょう。

格安スマホの料金はどれぐらい安くなるのか?

「格安」というキーワードがあるからには、一番気になるのは料金の事だと思います。

今現在、スタンダードなスマートフォンを使っているユーザーが、格安スマホに乗り換えた結果、月額使用料が半額になったというケースが出てきます。

もっと安くなるユーザーだと、3分の1まで減額出来る可能性もあるのです。

これは、驚きの価格破壊ではないでしょうか?

  • なんと、1000円台から提供されているプランもあります!

データ通信と音声通信の両方を、セットにしたプラン提供でも、1000円台から提供されている場合も珍しくありません。

「あまりスマートフォン使う用事はないけれど、とりあえずスマートフォンは必要」というライフスタイルの人には、ピッタリだと言えます。

通信に困る事もない

電話が繋がりにくくなったり、ネットの通信速度が遅くなったりするのではないか?と、思われがちな格安スマホ。

これだけ月々の使用料金が安くなるのであれば、そんなデメリットが心配になるのは当然の事。

しかし、ご安心ください!

電話をするにしても、インターネットをするにしても、通信に困る事はありません。通信エリアもほとんど同じ!

格安スマホの使い方って、どうやるの?

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

格安スマホを利用する上で、意識しておきたい事は「格安スマホ」というネーミングで、販売されているわけではないという事。

格安SIMと、それに見合った携帯端末を、用意しなければなりません。

格安SIMとは?

携帯電話には必ず、SIMと呼ばれるICカードが必要です。これがないと、通話する事が出来ません。

ガラパゴス携帯は、携帯電話そのものに電話番号が記録されていました。

しかしスマートフォンは、SIMに電話番号が記録されているのです。

SIMカードは、スマートフォンの裏側に差し込むようになっている為、誰でも簡単に差し込む事が可能となっています。

特に解体をする必要はありません。

格安SIMは、購入する時は端末とのサイズ比較をしなければならない

どんな携帯端末でも、好きな格安SIMを利用出来る、というわけではありません。

サイズが違う格安SIMを購入すると、全然挿さらないので、注意が必要!

しかし、小さい格安SIMを大きすぎる携帯端末に利用する時は、専用のアダプターを利用する事で、セッティング可能になります。

SIMカードは3種類あるので、少し紹介しましょう。

  • 標準SIM・・・縦25mm 横15mm
  • マイクロSIM・・・縦15mm 横12mm
  • nanoSIM・・・縦12.3mm 横8.8mm

MVNOも重要です!

スマートフォンと格安SIMだけあれば、OKというわけではありません。MVNOというものも、とても重要です。

  • MVNOとは?

MVNOとは、リーズナブルな価格帯でサービスを提供してくれる、電話回線の事業者です。

mobile virtual network operatorの省略となっています。

  • プロバイダに近い存在

MVNOは、インターネットを利用する時に使う、プロバイダに近い存在です。

MVNOは、ドコモやau、ソフトバンクといった大手の携帯電話会社から、回線を借りて独自に提供しています。

インターネットのプロバイダは、NTTの回線を利用してネット利用を提供していますから、それにかなり似ているのです。

どのプロバイダを利用するかによって、インターネットの利用料金が変動するように、MVNOの選び方によっても、料金が変わってきます

DMMや楽天のような、誰でも知ってる大手企業が、MVNOを提供しているんです。

こちらのコラムも人気です!