格安スマホはセットor別々、どちらが良い?

格安スマホって何?

c8bc8ead598e867e1172d4c417c90d7d_s

格安スマホは文字通り、価格の安いスマホの事を言います。

格安スマホの購入方法は、主に3種類あります。

MVNO事業者でセット購入

1つはMVNO事業者で、SIMフリーの格安スマホと格安SIMを、セットで購入する方法です。

この方法の一番のメリットは、もう格安SIMが差し込まれた状態で、自宅に届くという点です。

自分で後から差し込みし、設定するといった面倒な作業がありません。自宅に届いた後は、電源を入れるだけで、格安スマホが使えます。

microやnanoといった、SIMサイズを間違う事もありません。

送料無料で届けている、MVNO事業者もあります

一括払いが厳しい時は、分割払いが出来ます。月額利用料金に分割払いを加えても、MVNO事業者は大手キャリアと比較すると格安な為、それ程大きな負担にはならないです。

その代わりに、格安スマホの選択肢が少ないという、デメリットがあります。

MVNO事業者で扱っている、格安スマホしか選択出来ない為、必ず欲しい機種があるという保証は無いです。

その他にも、価格が定価という場合が多く、通販ショップと比べると少し高めとなっています。発売開始から期間が経っている機種でも、定価のままという事があります。

通販ショップで購入

2つ目は、SIMフリーの格安スマホを、通販ショップで購入する方法です。

価格比較サイトで検索し、最安値の通販ショップで購入するといった事も、可能です。

通販ショップで購入するメリットは、格安で購入出来る点、格安スマホの選択肢が多い点など色々です。

購入する通販ショップも格安スマホも、自分の用途や予算に合わせて、自由に選択する事が可能です。

送料無料という通販ショップも多く、送料の負担を気にせずに利用出来ます

一定時間までの購入で、即日出荷という通販ショップもあり、すぐ自宅に届きます。支払方法は、通販ショップにより異なります。

クレジットカード決済に対応している通販ショップなら、1回払いや分割払い、リボ払いが出来る事があります。

その代わりに、別途MVNO事業者で格安SIMの購入が必要という。デメリットがあります

格安SIMが自宅に届いたら、自分で差し込みし設定する事が必要です。

慣れている方なら問題無いものの、初めての方は迷ってしまう事が多いです。さらに、SIMサイズを間違わないように、注意して下さい。

実店舗で購入

3つ目は、実店舗で格安スマホを購入する方法です。

この方法は、実物を見て触って確かめられるという、メリットがあります。

その代わりに、近くに実店舗が無いと購入するのが難しいです。店頭にある機種に、選択肢が限られるというデメリットもあります。

見た目や手触りくらいは分かっても、通信速度や性能などを実感するのは、難しいです。

携帯ショップだと、店員にプラン加入やオプション加入を勧められると、断りにくい事があります。

格安スマホの価格帯は?

b2d78078ff48cfd1162afd9b86e459e9_s

格安スマホは、2万円弱から4万円強までの価格帯が、主流となっています。

価格が安くなるほど、スペックが低くなり、価格が高くなるほどスペックが高くなります。

用途によっては、価格の高すぎるスマホを選ぶと、オーバースペックとなりかねません。しかし、価格の低すぎるスマホを選ぶと、後で後悔しかねないです。

価格とスペックの、バランスが取れているスマホを選ぶと、失敗は少ないです。

初めてスマホを使う方は、2万円台のスマホでも十分使えます。

GPSといった用途なら、古い機種より新しい機種の方が、精度が高めです。価格の安いスマホは、GPSの精度が低い事があります。

登山用のGPSアプリの場合は、街中と違ってそれほど精度の高さは要求されないです。

なるべく一括払いで

分割払いでスマホを購入すると、手数料がかかる場合があります。

割高になる事が多い為、なるべく一括払いで購入した方が良いです。分割払いのみのMVNO事業者だと、手数料ゼロの場合があります。

こちらのコラムも人気です!