金額で通信速度が決まる?効率的に速い格安スマホを利用しよう!

格安SIMならMVNOを使おう

fe2f1f4f2f088261a03632c2b3e69f27_s

格安SIMでサービスを使う場合には、MVNOを利用する事が大切です。

本来、通信事業者としてサービスを提供しているキャリアには、ドコモやソフトバンク、そしてauといった非常に大きな会社が存在します。

実際に携帯端末で、通信サービスを利用する際には、これらのキャリアと契約をしないと、サービスを利用する事が出来ない側面があるのですが、実はこうした通信インフラのみを借りて、格安のサービスを提供している会社が、存在するのです。

それが、仮想移動体通信事業者と呼ばれる、MVNOです。

日常生活の中でも、例えば道路や橋といった通常のインフラは、整備されていないと使う事が出来ませんよね?

整備されていない道路や橋を利用すると、道がデコボコになってしまっていたり、橋にいたっては壊れて落ちてしまうかもしれませんので、とても危険です。

これは通信の世界でも同じで、何もないところで通信をするのは、リスクが高いのです。

その為、こうしたモノを利用する際に最低限必要な準備を、その道の専門家である業者に、依頼しなくてはいけないわけです。

ただ、こうしたインフラの整備をする為には、かなりの時間と費用が必要になってしまいます。

そこで、既に存在している通信インフラを、利用させてもらうことによって、格安のサービスを提供するプランが、考えられたのです。

それが、SIMフリーを利用する際に提供されている、MVNOのサービスなのです。

店舗に行かなくても、スマホの手続きが可能

320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_s

格安スマホを手に入れやすい

MVNOの一番のメリットは、大手のキャリアと違って、実際に店舗に行って契約をする必要性がない事です。

MVNOの中には、インターネットで申し込みをする事によって、その中でやり取りが出来るものもありますので、面倒な手続きをしたくないと考える人にとっては、非常にありがたいサービスになっています。

また、大手のキャリアと比較して、余計な費用が必要にならないというメリットも、注目されています。

例えば、大手のキャリアと契約をすると、中途解約によって携帯端末にかかる費用を、数万円程度支払わなくてはならなくなる事が普通です。

だいたい1度契約をすると、2年間は継続的に大手のキャリアのサービスを、使い続けなくてはならなくなるので、面倒だと感じる人もいます。

その点、MVNOにはこうした基本的な、中途解約に関する取り決めが存在しませんので、文字通り気軽に使う事出来る格安スマホとして、利用する人はとても多いです。

通信速度とプランを比較しよう

ただ、MVNOで格安のプランを利用する際には、注意をしておく事もあります。

それは、料金が安いプランの場合には、通信速度が遅くなってしまう可能性が、とても高い事です。

格安スマホとして提供されるサービスの中には、データとして受信された容量を超えてしまうと、それ以上のデータを受信すること事が出来なくなってしまうサービスも、存在します。

格安プランはその典型で、最初から一定容量のデータのみを取得する事を目的としており、その容量を超えると通常の通信速度と比較しても、ものすごく遅いサービスになってしまいます。

インターネットをあまりやらない、動画サイトなどを見たりしない人にとっては、通信速度はそれほど気にはなりませんが、日頃からそうしたものに触れる機会が多い人は、プランの中でもなるべく容量を使う事が出来るサービスを、選択しておく必要があります。

  • MVNO…月額500円から1000円程度のサービスもある
  • 大手のキャリア…最低でも4000円、5000円が相場

月額料金が安いプランは、通信速度や容量を犠牲にして、料金を下げている可能性もあります。

どのような目的で、格安SIMや格安スマホ使うかで、各々使いやすいプランをしっかりと検討する事が重要でしょう。

こちらのコラムも人気です!