もっとお得に!格安SIMを、さらにお得に使う為の注意点まとめ

お得なSIMフリーは、使い方次第で得にも損にもなる

143280449fd6ad501a334eb8f4493dfd_s

SIMフリーという言葉が、世の中に浸透し始めた昨今、SIMフリーが使えるデバイスも、格段に増えてきました。

SIMフリーのデバイスや、格安SIMを取り扱うMVNO業者も増えて、スマートフォンを利用する人がお得になるプランも、沢山登場してきています。

格安SIMが世の中に登場した事で、スマートフォンがとてもお得に使えるようになった反面、料金プランは複雑化していて、聞きなれない単語も沢山登場してきています。

分からないものを分からないままにしておくと、格安SIMや格安スマホのメリットが、最大限生かせるようになりません

場合によっては、損をしてしまう事にもなりかねません。

せっかくSIMフリーを使うなら、もっとお得にもっと賢く、損をする事のないような使い方を心がけましょう。

SIMフリーの注意ポイントに気を付けて、お得な格安スマホをもっとお得に!

6819e4cf234b781e1edc6de9c32a472f_s

格安スマホの端末選びを慎重にする

MVNO業者が提供する格安SIMだけを使い、特定の端末を自分で用意する時は、端末代金に注意が必要です。

格安スマホといっても、端末代は安くても2~4万円以上します。

格安SIMを使かった時の料金プランと、自分で用意する端末代を合わせていくらになるのかを、しっかり自分で把握する必要があります。

数ある料金プランを、しっかりと比較する

国内で提供されている料金プランは数が多く、似たようなプランが沢山あります。

面倒でもしっかりと比較して、自分が最も得をするプランを選ぶ事が大切です。

格安スマホの料金プランには、様々なオプションが用意されている為、オプション機能を追加しすぎると、格安スマホのメリットが感じられなくなります。

通信速度の低速化に、悩まされない為にする事

MVNOの契約者数は900万人以上となり、通信速度の低速化が目立つ事があります。

格安SIMというのは、月ごとの通信容量が決まっている事が多く、決められた通信量を超えた月は、低速化が起こります

なので、通信料が大きい人ほど、大容量のSIMカードを用意する必要があります。

また、通信容量無制限を謳う料金プランがありますが、実際は何らかの制限が設けられている事が多いので要注意です。

自分が必要な時にデータ容量を追加出来たり、一定の条件に達したら容量がもらえるサービスを展開している企業もあるので、そういった企業に注目です。

音声通話SIMにするかデータ専用SIMにするかで、値段が大きく変わる

SIMカードには、音声通話SIMとデータ専用SIMがあり、音声通話SIMを利用する事で、090や080の電話番号を引き継ぐ事が出来ます。

データ専用SIMは、090や080の電話番号を引き継ぐ事が出来ませんが、アプリケーションを使った通話機能を使いこなせば、不便なことはありません。

一般的に、音声通話SIMの方が、月額料金は高くなります。

音声通話SIMには、契約期間のしばりが発生する事がある

格安スマホの魅力は、キャリア携帯と違って、契約期間のしばりがない事だと思われがちです。

しかし音声通話SIMに限っては、多くの料金プランで6か月ほどの契約期間のしばりが、用意されています。

キャリア携帯の契約期間ほど長いものではありませんが、契約期間のしばりがない事に魅力を感じていた人は、要注意です。

電話かけ放題プランに要注意

格安スマホにも、電話かけ放題プランというものがありますが、電話をよく使うからといって、安易に契約をしてしまうと、余計な出費に繋がります。

例えば、月額500~700円で何度でも電話がかけ放題になるプラン、実はよく内容を確かめると1回の電話時間が5分以内とか、10分以内などの制限がつけられている事がほとんどです。

今は通話機能のついたアプリケーションで、どこにでも電話をかける事が出来、必ずしも090や080の電話番号から電話を掛ける必要がなくなってきているので、電話かけ放題プランの必要性を考える事が大切です。

こちらのコラムも人気です!