初心者にはお勧め出来ない?格安SIMに変えて苦労する事

格安SIMには、どんなメリットがあるか

176984175f4886390327b8b82cdad2ba_s

格安SIMに変えると、基本料金がとても安くなる

docomo、au、SoftBankよりも、はるかに安いプランを用意する格安SIMが、話題になっています。

実際に比較してみると、同じデータ容量のプランでも、倍以上の価格差が見られる為、スマホ代金を安くしたい人や、ライトユーザーにオススメです。

特にデータをあまり使わない人は、1GB/月のプランから選べるので、データ通信だけで500円/月、音声通話も使えて1200円/月程度から、スマホを使う事が出来ます。

手キャリアでは、安くても5000円は超えていたので、大きなメリットと言えます。

格安スマホは、選択肢が多い

また格安スマホは、その会社との契約とセットで購入しなくて、OKです。

つまり、格安SIMを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)とプランの契約のみをしてスマホは他社からの引継ぎor中古で買うという事も、可能です。

確かに、MVNOの提供するスマホは安いですが、それ以外も比較出来るのでオススメですし、iPhoneは格安SIMのラインナップにありません

ちなみにMVNOとは、3大キャリアの通信設備を借りて営業している会社の事で、使用している回線によってdocomo系、au系と分類される事もよくあります。

現在はdocomo系のMVNOが多いですが、au回線を使ったMVNOも増えてきています。

MVNOは解約条件が緩い

そして、MVNO最大のメリットは、解約条件が緩い事です。

スマホの契約といえば、2年しばりが基本でしたが、格安SIMの場合は音声通話付きでも、半年から1年の最低利用期間があるだけで、それ以降ならいつでも解約手数料がかかりません

データ専用SIMに至っては、最低利用期間すらありません

その為、モバイルルーターの選択肢としても、格安SIMが選ばれています。

ちなみに大手キャリアや、WiMAXのモバイルルーターは2年しばりです。

格安SIMの「困った」を事前に知っておこう

7e7c81257296366acea3614725e1959f_s

データ移行のやり方はネットで検索するのが早い

格安SIMが安い理由は色々ありますが、その中でも大きいのは、サービスが必要最小限という点です。

店舗がなく、オプションも有料なものが多いなど、初心者にとっては注意したい部分が、意外とあります。

特に極度の初心者であれば、データ移行にお金をかけたくないです。

データ移行とは、新しいスマホにデータを移すものですが、それが出来ない場合は、各スマホ会社や民間の業者に、お願いする事になります。

これが、5000円~10000円くらいするにもかかわらず、ネットで検索すれば誰でも出来るくらい、非常に簡単です。

大手キャリアなら店頭相談が出来ますが、格安SIMではそうもいかないわけです。

何かがあったら、カスタマーセンターより前に、家族・友人に頼る事

データ移行以外にも、カスタマーセンターに電話・メールで問い合わせるだけでは、解決しづらい事があります。

これは、カスタマーセンターの質が悪いわけでなく、スマホを共有出来ない事で、意思疎通しづらいからです。

また、電話が込み合うと10分以上待たされる事も、注意点と言えます。

格安SIMであっても、基本的な操作は変わらないので、何か不具合が起きた時は、家族や友人に頼った方が、早く解決します。

基本は、自力で解決出来る事が望ましいです。

通信速度は、事前に調べておく

そして、通信速度は最高速でなく、実測値を調べる事が大切です。

通信速度に関しては、場所や時間によって異なる為、それぞれでどのくらいの数値が出るのかを、調べるのです。

ネット上の情報を参考にしたり、会社に詳しく問い合わせたりという方法もありますが、解約料がない事を利用して、最も安いデータSIMを1か月だけ使ってみる事も、有効な手です。

大事なのは、数字より体感です。

通話料は、これで安くしよう

そして、通話料が予想以上にかかった、という声も聞きます。

そんな時は、LINEやSkypeといった無料通話が出来るアプリや、通話料が半額になるアプリを導入するのが、オススメです。

もし、普段の電話を無料通話アプリだけでまかなえるなら、通話料をほぼゼロにまで減らせます

長話も怖くありませんね。

こちらのコラムも人気です!