スマホ料金を抑える格安SIM、その利用の仕方2つをご紹介

今のスマートフォンは変えず、格安SIMを購入して料金を安くする方法

c00c9820a2afa1c68a7ba8bb6042b1f4_s

格安SIMを購入する前に行ってほしいこと

この方法を用いる際、まず行ってほしいのは、現在のスマートフォンのキャリアを確認する、ということです。

もし、ドコモのスマートフォンを使っているならば、現在のスマートフォンのまま、格安SIMを利用する事が出来ます

これは、格安SIMを取り扱うMVNOのほとんどが、ドコモの通信回線を借りて、サービスを提供している為です。

auのスマートフォンを使っている方の場合も、複数のMVNOの中から選択する事が可能となっていますが、残念ながらソフトバンクのスマートフォンの場合は現在のところ、ほとんどMVNOが存在しない状況となっています。

次に確認してほしいのが、SIMカードの形であり、機種等によって形が変わってきますので、自分に合った形のものを選択しなければ、SIMカードを購入しても使用する事が出来ません。

最後に確認してほしいのは、自分が電話を利用するかどうかといった事で、電話を利用しない方の場合は、利用する方よりも、大幅に料金を安く出来る可能性が高いでしょう。

電話を利用する方の場合は、『マイナンバーポータビリティ』を利用して、現在の電話番号を変えずに、料金を安くする事が出来ます。

実際に格安SIMを購入する

格安SIMは、家電量販店、インターネット、現在利用しているプロバイダから購入する事が可能ですが、初心者の方の場合は、家電量販店であれば不安に思う事なく、購入が出来るかと思われます

その他の方法が悪いわけではありませんが、自分一人で購入する際は、SIMカードのサイズを間違える事のないよう、ご注意下さい

そして、格安SIMを購入する際、もう一つ重要となってくるのがプランであり、自分の1ヶ月の通信容量等を把握した上で、プランを選択していかなければなりません

使用可能な通信容量が小さいプランだと、料金は当然安くなるわけですが、料金だけに気を取られてしまうと、通信に制限がかけられ、通信速度が大幅に落ちる等といった、不利益を被る事になります。

ですから、特にネット通信をよく行うという方の場合は、MVNOが取り扱う格安SIMの料金や、サービス内容を比較した上で選択する事が重要です。

格安SIMを購入してもそのままでは使えない

これまでのスマートフォン等であれば、店舗で購入するとすぐに使用する事が出来ましたが、格安SIMの場合は、開通の手続きを行わないと使用する事が出来ません

ただ、手続き自体はそれほど難しいものではありませんので、ここではそのような手続きが必要だという事だけを、覚えておいて下さい。

今のスマートフォン本体ごと格安スマホに変えて、料金を安くする方法

87070ef24da7a9e81af7204569c1044c_s

本体ごと格安スマホに変える場合は、格安スマホの本体だけを購入し、別途SIMカードを購入するという方法と、格安スマホの本体とSIMカードのセットを、MVNO等から購入するという、2つの方法があります。

どちらの方法を選択されても構いませんが、格安スマホ本体のみを購入する際は、格安スマホ本体を先に選んでから、契約するMVNOを選択すると、MVNOに対応していなくて使えない、というトラブルを避ける事が可能です。

上記のそれぞれを選択した際の、メリットやデメリットについてみてみると、格安スマホと格安SIMのセットをMVNO等から購入する場合は、欲しい格安スマホ本体とMVNOの対応を確認する必要がないという事や、端末を利用する為のAPN設定が不要、といったメリットがあります。

デメリットとしては、格安スマホ本体の価格が、格安スマホ本体のみを購入する場合と比較して、若干高くなってしまうといった事や、好みの機種が手に入らない可能性がある、といった事などが挙げられます。

一方、格安スマホ本体のみを購入する場合は、好きな端末が手に入れられるというメリットがあり、反対にデメリットとして挙げられるのは、希望する機種とMVNOとの対応を気にしなければならない、といった事です。

こちらのコラムも人気です!