格安SIMに変える最大のメリット?2年しばりからの解放とは

乗り換えを踏みとどまらせる2年しばり、格安SIMにはありません

6a42236a47828190a6d5a99f0beed716_s

2年しばりは、なぜ批判されるのか?

携帯電話を使う時、通話料やパケットはもちろん気になりますが、解約料についても頭を悩ませましたよね。

スマホに変わってからも、携帯料金が高いという悩みも、解約料が高いという悩みも、なかなか解決できません。

格安SIMが出てきた現在において、今までの3社の事を、大手キャリアと言うようになりました。

大手キャリアの特徴は、2年しばりがある事で、契約期間が満了すると、自動的に新しい契約期間が始まる仕組みでした。

これを断ち切るためには、契約終了後の1か月の間に、解約しなければいけないという、消費者にとって非常に不利な状況の為、よく批判の対象となりました。

しかも解約料は、長く使っている人もすぐ解約した人も平等なので、2年経ったら乗り換える事が前提にありました。

また、2年しばりの妥当性が疑われる理由に、端末の耐久性もあります。

スマホが壊れたら、買い替えるか乗り換えるかを考えますが、残念ながらスマホが2年もつ事は少ないようです。

これは携帯ショップの店員に確認すれば、意外にあっさりと答えてくれます。

つまり、2年使い続けられないものに対して、2年契約を求められている状況なのです。

電池パックを交換出来ないタイプのものだと、さらに悲惨です。

格安スマホの場合は、解約料が絶対にないと言えるか?

そこでオススメなのが、格安スマホです。

格安スマホの契約には、キャリアしばりがありません

つまり契約してから、いつ解約すべきかに頭を悩ませる必要がないのです。

ただし、解約手数料がゼロになるとは限らないので、その点は注意しましょう。

格安SIMは、音声通話付きのSIMカードを使った時のみ、最低利用期間が設定されます。

これは格安SIMを「半年から1年間使えば、それ以降の解約金はありません」というものなので、永続しないわけです。

最低利用期間中の解約は、大手キャリアと比較しても、同じくらいの解約料がかかります。

ちなみに、格安SIM同士を比較すると、解約手数料の高い低いがあったり、長期間契約するほど解約手数料が下がっていくタイプのものがあったりします。

データSIMのプランなら、解約手数料だけでなくMNP手数料も一切かかりません

MVNOの格安SIMは、ここまで安い

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s

格安SIMを提供する会社は、Y!mobileを除けばMVNOです。

MVNOとは、自社の通信設備を持たず、大手キャリアの通信回線を借りている事業者の事を言います。

MVNOはサービスの充実度や実績で、大手キャリアと争う事なく、低価格かつシンプルなサービスで、独自の地位を築こうとしています。

中でも目を見張るのが、基本使用料の安さです。

同じデータプランで比較しても、大手キャリアの半額かそれ以下まで、コストカットが可能です。

例えば5GB/月であれば、大手キャリアが6000円/月くらいであるのに対し、格安SIMだと音声通話付きで2000円/月ほどです。

Emobileも、かつてはこのくらい安かったのですが、Y!mobileに変わってからは、少し値段が高めになりました。

MVNOの値段が安くできる理由は、大手キャリアのような割引がない事や、店舗を設けていない事などが、理由であると考えられます。

また、必要最小限の設備を借りている事も、コストを下げられる要因と言えます。

そのため、大手キャリアのように端末が無料になったり、十分な無料通話分が設定されていない事から、不便を感じるユーザーもいます。

特に、一人でスマホを使えないという人は、値段が高くても大手キャリアの方がオススメです。

通信速度は気になるところですが、MVNOの回線はどんどん広がっています。

実測値も上がったり下がったりするので、ネットで調べる時は常に最新のデータにアクセスするよう、心掛けてください。

こちらのコラムも人気です!