格安SIMはクレジットカードが必須?カードがない人の対応法

格安SIMって、大手キャリアと比較して非常に安い

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s

格安SIMはなぜ安い?

今まで、3大キャリアが提供してきたスマホですが、最近になって格安SIMや格安スマホ、MVNOという単語も聞くようになりました。

実はこれらの単語は同じ意味で「MVNOという事業者が提供するSIMが安いので、格安SIM、格安スマホと呼ばれている」に過ぎません。

現在は、格安SIM=それを提供する会社という意味で使われています。

格安SIMを提供するMVNOは、自社の通信回線を持たずに、大手キャリアの設備を使っている事業者の事を指します。

MVNOのプランを見る上で、目に留まるのはその安さです。

今までのスマホ料金と比較すると、基本使用料が半額か、それ以下まで下がっています

しかも、大手キャリアの回線を使っているので、通信エリアはそのままですし、通信速度も広告を見る限り、遜色ないように見えます。

格安SIMが安い理由には、自社で設備投資をしない事や、店舗を設営しない事などがありますが、さらにはサービスを最小限としている事も、格安SIMの安い理由と考えられます。

例えば、通話料は30秒あたり20円と高めで、さらにSMSが有料だったり、キャリアメールが無かったりという特徴も見られます。

それらを、無料のアプリで置き換える事も出来ますが、他にもアフターフォローの点では、大手キャリアの方が手厚いですし「端末実質無料」といったサービスもしていません

つまり大手キャリアが、ある特定の人達にとって優しいプランであったのに対し、格安SIMはみんなにとって、平等のプランであると言えます。

格安SIMはどう選べばいいの?

格安SIMを選ぶ上で考えたいのは、料金よりも通信速度です。

大手キャリアの料金が平準化されたように、格安SIMの基本料金も大体同じです。

そうなってくると、如実な違いを見せるのが通信速度です。

確かに最大速度は大手キャリアと同等ですが、回線の量が少ないとすぐに混雑してしまいます。

つまり、通信速度は早い・遅いだけでなく「安定性」が問われています。

特に混雑するのが日中なので、日中でも通信速度の落ちない、格安SIMを選ぶ事がオススメです。

また会社によっては、3日間のデータ制限が定められている事もあるので、こちらも注意が必要です。

便利なクレジットカード、出来れば使いたくない?

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

スマホの支払いと言えば、クレジットカードだけど...

現金を出さなくても、カードひとつで決済出来るのが、クレジットカードの素晴らしい点です。

しかし、便利だからという理由で、クレジットカードを使いすぎると、思わぬ出費をしてしまう事もよくあります。

その為、人によってはあえて支払いにクレジットカードを使わない、クレジットカードを持たない事も珍しくはありません。

しかし、クレジットカードでの支払いが基本に思われるスマホ料金を、他の方法で支払えるのでしょうか?

MVNO各社を確認すると、他の選択肢もある

結論から言えば、格安SIMの使用料をクレジットカード以外の選択肢で、支払う事は可能です。

これは、格安SIM各社の公式サイトを確認する事で分かりますし、家電量販店で格安SIMが売られている場合は、店員に確認する事でも、クレジットカード以外で支払えるMVNOが、明らかになります。

クレジットカード以外に支払う方法としては、まず口座振替が挙げられます。

口座振替には、こちらから振り込む方法と、向こうから引き落とされる方法があります。

さらに、クレジットでなくともカードで決済を管理したいなら、デビットカードという選択肢もあります。

こちらはクレジットカードと違い、決済したらすぐに銀行口座から、お金が引き落とされるシステムです。

つまり、使いすぎを防げます。

また、信販会社のデビットカードには、クレジットカードの加盟店と同じ範囲で使える、というメリットがあります。

こちらのコラムも人気です!