docomoはSIMロックを解除しなくていいって本当?

SIMロックを正しく知ればdocomoの優位性が分かる

d2e6f35bbc299120add14b596151cd73_s

SIMロックはちがうキャリアのSIMカードを使えないこと

格安SIMや、格安スマホという言葉が有名になった時、同時に問題となったのが、大手キャリアが行っていたSIMロックです。

SIMロックとは、あるキャリアの端末で違うキャリアのSIMを使えない様にロックをかける事で、端末を持った状態での乗り換えを、食い止める為の戦略でした。

しかし総務省は、SIMロックの解除を義務付けるに至りました。

対して、SIMロックがない端末の事をSIMフリー端末と言います。

格安スマホのように、スマホに限定しないのは、モバイルルーターにも格安SIMを使えるからです。もちろん、SIMフリースマホという言葉も、広く使われています。

MVNOにおいては、SIMロックがいらない場合の方が多い

ただ、SIMロックについては、多くのユーザーが勘違いされており。そのせいで、新しい格安SIMを使えないという事態も、起きかねません。そこで、2点にまとめて解説いたします。

  • MVNOはSIMロックがかかったままで、使える可能性が高い

まず格安SIMは、MVNOと呼ばれる事業者が販売しています。

MVNOは自社の通信設備を持たず、大手キャリアの設備をそのまま借りているので、大手キャリアとプランや通信速度に差があっても、中身は一緒です。

通信速度については、保有している回線の量が関わるので、大手キャリアとの比較はもちろん、MVNO同士を比較しても、それなりの差が見られます。

ここで着目してほしいのが、MVNOが大手キャリアの回線を、そのまま使っている点です。

SIMロックが、キャリア間の移動をさせないものという事は、同じ回線を使っている格安SIMに入れ替える分には、SIMロックの解除が不要という事です。

例えばdocomoの端末に、docomo回線を使っているMVNOのSIMカードを入れると、問題なく使えます。

現在は、auの回線を使っているMVNOより、docomoの回線を使っている会社の方が圧倒的に多い為、DoCoMoユーザーの方が容易に乗り換え可能と言えます。

まず、SIMロックの解除は不要と考えていいでしょう。

  • SIMフリーにしたからと言ってどのSIMも使えるわけではない

また、SIMフリーにしたところで、どの周波数にも対応しているスマホはありません

また、docomoとauは通信方式が違うので、SIMロックを外してもまず互換性がないと言えます。

SIMロックが関わるのはSoftBankの端末で、こちらはdocomoと同じ通信方式であるこ事から、一部の端末が利用出来ます。

端末を買い替えることも悪くない

b94114fbad410f03d0cd1a05b63f29b2_s

端末は2年持たないことも当たり前

では、SIMロックが意味をなさない場合、どうしたらいいのでしょうか?

身もふたもない話ですが、端末を買い替えるのが手っ取り早いです。

もったいないように思いますが、基本的にスマホの端末が2年もつ事は稀で、大手キャリアでも2年縛りが終わる前に、スマホの寿命が来ます。

スマホの動作に不具合が出ている時は、もちろん買い替え時ですし、電池バックが発熱し膨張している時も、寿命が近づいている証拠です。

だからといって、ギャラクシーのように爆発するリスクはないでしょう。

端末を買い替えたとしても、基本料金を考えればお得

端末を買い替える事は、お金を無駄にするように思えますが、同じようなスペックの端末を、半額くらいで買えるのもMVNOの嬉しいところ。

大手キャリアのような、実質無料サービスはありませんが、月々の使用量が安くなる事で、そこまでの負担に感じづらいです。

スマホの買い替えで、迷うべき点があるとすれば解約金ですが、解約金とキャリアの満了まで支払うお金、そして格安SIMに乗り換える事で節約出来るお金、これらを考えて決めるれば、損しづらいでしょう。

こちらのコラムも人気です!